未分類の記事一覧

すっかり寒くなってきましたね。

今年の夏は、もちろん暑かったですが、

個人的にはあっという間に過ぎ去っていった気がします。

そして、もう冬がすぐそこに近付いて来ています。

最近は寒い位です。

あなたのムダ毛事情、今年の夏はどうでしたか?

毎日お手入れを欠かさずにしましたか?

ちょっとサボって、イベント時に慌てるパターン?

それとも、もう気にしなくて良い程に、ムダ毛処理は済んでいますか?

来年の夏に向けて、冬の間にムダ毛処理に本気で取り組むという方も増えている様ですね。
あなたは、どうですか?

結局どんな方法が良いの?

ムダ毛処理には、いくつかの方法がありますね。

カミソリ、脱毛テープ、ワックス、脱色など。

それぞれにメリット・デメリット、そして好みもありますね。

まず、カミソリですが、何と言ってもお手軽さがあります。

お金もカミソリ代や替刃代だけですね。

また、痛みもありません。

デメリットと言えば、処理をしても、またすぐに生えてくる。

使い方に気をつけないと、肌を痛めるなどがあります。

他の方法もそうですが、基本的には毛の流れに沿って処理をするのが、

処理もキレイに出来、肌にも良いようですね。

処理後は毛の生えを抑制するローションなどを塗って、肌をいたわってあげましょう。

また同じ剃る、でもカミソリよりもシェーバーの方が肌に負担が無いとされています。

脱毛テープ

次に脱毛テープですが、カミソリよりは、根本から抜くので、

処理後がキレイだと思います。

・デメリットと言えば、処理が広範囲になればなる程、

テープが必要、また、処理にムラが出た場合、そこの部分だけ、

テープを小さく切って使用したり節約する必要も出てきて面倒臭い。

持ちについては、カミソリよりは長いですね。

しかし、毛を抜くと言うのは、肌にダメージもあるので、そこを考えた場合、

必ずしも良いとは言えないかも知れません。

次にワックスですが、私はテープの進化板と捉えていて、

肌に優しい成分が含まれていたりする事もあるので、まだ安心かな?と思います。

また、テープは切る必要がありますが、ワックスの場合は、

処理残しの部分だけ塗れば良いので、細かい部分に対応しやすいと思います。

デメリットは、ベトベトする事でしょうか?このワックスが色々なトコについてしまうと、

その後始末が大変だったりします。そして脱毛テープと同様痛いかもしれません。

このワックスですが、自分でやらず、ブラジリアンワックスを使用し、

脱毛をしてくれるサービスあるので、お金を出して人にお願いする方法もあります。

脱色

次は脱色ですが、ムダ毛を無くすのではなく、目立たせなくするという方法ですね。

白人の外国人などは、モサモサに生やしたままの人も多いようです。

ちょっと面白い話を友人から聞いたのですが、

海外の海辺で、水着からアンダーウェアがはみ出しまくってる外人の方を見たそうです。

日本人ではあり得ませんよね?毛の色が黒でない、

金髪とか目立たない外人だからこそのワザ?でしょう。

日本人がこの脱色をしても、毛の根元から新しい毛が生えると、

そこは黒いので、かえって目立ってしまう結果にもなりますね。

もともと、毛の少ない、細い方などは、脱色だけで気にならなくなるかも知れません。

レーザー脱毛

最後に毛根を刺激して、毛を生やさなくする方法ですね。

毛根を刺激する方法が、レーザーなのか熱なのか?でその機器も変わってきますが,

お金さえあれば、これが一番良いですね。一度してしまえば、

他の方法よりも後が楽なので。ムダ毛処理から開放されれば怖いモノ無し!?の気分です。

最近は、自宅でも出来るレーザー脱毛no機器ももありますし、

安価だったり、月額で低料金から始められるサロンも人気ですね。

自宅でするレーザー機器を買う良さは、自分の都合で出来る、

デリケートゾーンの脱毛をしたい場合、恥ずかしく無い事もあります。

また、脱毛だけでなく、美顔用としても使えるので一石二鳥になり良いかなと思います。



予定を立てたり、予約の手間も気にならなければ、サロンも良いでしょう。

サービスを提供する以上、施術者は知識や技術もあると思うので、

そういう方にお願いする事は安心にも繋がりますね。

私は、実際にこちらのカウンセリングに行きましたが、勧誘がないのは本当でした。
色々丁寧にスムーズに教えてくれるので、サロンが気になる方は気軽にカウンセリングを受けてみる事もオススメします。


未分類

お供えものの定番 おはぎ ぼたもち

お彼岸におはぎ、お供えものの定番として登場しますね。

ぼたもちとも言われますが、何が違うの?と思います。

両方とも、和菓子であり、もち米とうるち米を混ぜて炊き、

適当な大きさにつぶし丸めたものを小豆あんで包みます。

おはぎとぼたもちは基本的には同じで、

季節によって、呼び名や作り方が違うだけなのだそうです。

おはぎのレシピ 作り方

お彼岸のお供えものとしてだけではなく、

好きだから作りたいっていう方もいらっしゃると思います。

おはぎって、難しそうな気がしてましたが、

炊飯器で、作れちゃうのですね。

クックパッドで見つけたおはぎのレシピをご紹介しますね。

Cpicon 大切な私のおはぎ by けゆあ

未分類, 食べ物

国勢調査とは

5年に1度、総務省により日本の人口、世帯の実態等の把握のため、行われる調査です。

すべての人を対象に行われます。

国勢調査の仕事

では、国勢調査どんな仕事をするのでしょうか?

今年からインターネットでの調査が開始され、

そのための回答用IDを配り、
不在時には連絡メモを配布。

インターネットで未回答の世帯には、紙の調査票を配布。

その後、それらを回収する、という流れの様ですね。

最近、私の住まいにも国勢調査員の方が来ました。

方と言っても、近所の知り合いのおばちゃんです。

国勢調査員って非常勤の国家公務員じゃないんだ。

そう思ったのは、私の母親も昔このバイトをした事があるとの事だったからです。

国勢調査員のバイトをするには

えっ、こんなに身近にバイト経験者がいたとは。

どこで募集してるの?と聞いてみました。

自分がした時は、町内会で紹介された、との事でした。

もらえる金額も数万円らしく割の良いバイトだったと話していました。

国が募集しているバイトって、お給料が良いのが特徴だと思います。

私も昔、アルバイトで、地域の人にパソコンを教えるという、

数日間の仕事をさせてもらったのですが、

その時もこんなにもらえるんだと思いました。確か日給8千円位。時間の割に高かったです。

この様な国のバイト、私の時もそうでしたが、人に紹介される事が多いかも知れませんね。

ただ、それがキッカケで、またやりたいと思って調べてみると、

市区町村のホームページで、募集される事も多いようです。

国の仕事に限らずですが、仕事を探す時は求人サイトを見るのが定番ですが、

たまには市区町村、地域のホームページをチェックしてみるのも良いかも知れませんね。

 

 

未分類