2015年10月の記事一覧

先日奥歯を抜歯しました。
虫歯だったので、虫歯の痛みとは
オサラバできましたが、

まだ麻酔注射をしたところの違和感や、
抜いたところが落ち着いていません。

抜歯した側は、右側ですので、
食事をする際は、左側でほぼ噛んでます。 「奥歯7番の抜歯後、ブリッジにするかどうか」の続きを読む »

悩み

外反母趾になると、
靴選びに悩みますよね。
仕事場やオシャレをする時に、
スニーカーや幅広の靴ばかり選んでられないし。
かといって無理をして、
また、靴擦れや外反母趾が、
痛むのも辛い。
私は普段カジュアル派なので

あんまりヒールは履きません。
ですが仕事の面接や、

少しオシャレをする時には、

ヒールのある靴を選びます。
ですが、履き慣れていないせいで、

すぐに足が痛くなってきてしまいます。
帰宅する頃には、足先はマメだらけ。

外反母趾気味の骨のところも

痛いです。
そんな時いつも思うのが、

もっと楽にオシャレな靴を、

履けないかな〜って事です。
外反母趾の人が、
まず、外反母趾の人にとって、

良い靴の条件とはなんでしょうか?

少しでも楽に履けるオシャレな靴は

ないのでしょうか?
そんな靴が欲しいので、少し

調べてみました。

悩み

img159

先日、虫歯の処置の難しい、
治療しても、虫歯の状態によっては、
結果的に抜く事になるかも知れない、
と言われた歯を、

思い切って抜いてきました。

その歯は色々ワケありの歯なので、
虫歯は傷んでくるし、自分でも、
抜いた方が早そうと思いました。

抜歯はコワい?

img159人生の中で歯を抜いた経験は3回あります。
すべて虫歯というワケではなく、

一度目はもう小学校高学年になっても、
大人の歯が生えて来ない場所があって、
それは上の歯が邪魔して生えてこなかったらしく、
歯を抜いた上にその間を広げるという大掛かりなモノ。

その他は前方向に押す形で生えていた親知らず、
ヘンな生え方してるから、
前の奥歯が虫歯になるという理由で抜きました。

もう1つは、その親知らずの前にあった奥歯。
結果的には虫歯になってしまいました。
この歯も、親知らずを抜く時に、かなり削られました。

個人的には、歯を抜くことは全然平気です。
だって、麻酔するから痛くないです。
麻酔が切れても、その痛みは、感覚が戻った事、
私にとっては、気持ち良い位に感じます。
人によっては、痛みを強く感じる場合もあるようですが。

歯を抜いている時点での痛みは、麻酔によって感じませんが、
ペンチで歯を抜かれている事は分かるので、

ギリギリギリっと、歯が沼本から抜けている音、
うおーっ、ペンチで抜いてるー!
そういうのはリアルに分かります。

これは、歯医者が無縁の人にはとても怖く感じるようですね。
小学校以来歯医者に行ってない人に、抜歯の話をしたら、
とても怖がってました。

今回私がいくら慣れていると言っても、
えー!と感じた事、
それは、抜いた歯科医が、当たり前の作業過ぎて、

抜歯後にどうしたら良いか、私と話をしながら、
麻酔を打つ時に、何も言わずいきなり、針を刺してきたこと。

この人嫌だ、言って下さいよ、と思いました。
この流れに気付いてくれたのか、2本目を刺す時には、
きちんと、ではこちらにも刺してゆきますよと言ってくれました。

抜歯後について

抜歯をすると、どこの歯医者でも、
抗生物質と痛み止めをくれると思います。

た、血が止まらないなど、様子が気になったら、
電話して下さい、と対応してくれる様です。

自分では痛みも強くないし、抗生物質さえきちんと飲めば、
不安は無いです。

ただ、以前行っていた歯医者では、薬はその場所でくれました。
しかし今回は処方箋として、薬局にとりに行くことを知らず、
帰宅してから、もらったハズの薬が無いと不安になりました。

家の中を探しまわって、処方箋と引き換える必要がある事に気付いて、
幸い薬局は遅くまでやっていたので、薬をもらってきました。

抗生物質は、細菌による感染症を防ぐ薬です。
歯を抜いた後はポッカリ穴があいている状態なので、
気を付けないと不安ですね。

痛み止めについては、痛みは弱くても、
自分では気付かないところで、なんか熱っぽい、腫れているなども
あるようなので、飲むとよいでしょう。

私もそういえばなんかボーッとしている感じがして、
目が重かったり、顔も少し腫れている様でした。

抜歯後の食事について

今のところ、まだ抜歯した側は、使わないようにしています。
空いている穴に食べ物が入ってしまいそうだし、
気持ち悪いです。

歯肉の状態が落ち着いてきたら、奥歯がない状態での食事が、
不便なのかどうかがもっとハッキリしてくると思います。

職場などで話をしても、意外と歯を抜いている人、多いです。
そしてそういう人がいたら必ず聞くのですが、
抜いたところ、どうしましたか?と言う事。
ブリッジはしましたか?など。

やはり、人によって、ブリッジも出来ない場合があるみたいです。
その人が出来る手段は入歯との事。

結局入歯はしない事にしたようです。入歯にした人も、
結局は取って使わなくなってしまうんだとか。

やはり違和感を感じるのでしょうね。

何もしていないデメリットを、その人はこう言ってました。
抜いた歯の影響で、骨格も変化してくるらしく、
今まで噛まなかった口の中を、噛んでしまう事が出てきたと。

特に疲れている時やお酒を飲んだ時に、
噛んでしまう事が多いとか。

また1つ、体験談を聞けましたが、
歯の状態、口内環境は、本当に人それぞれだと思います。

なので、その人がそうだからといって、
自分が必ずしも同じとは限りません。
また、焦って策を講じなくても良い事もあるかも知れません。

治療をする事によって、歯医者に通う必要も出てきます。
次回の予約は1週間後、またはそれ以降になる事が多いです。
なかなか都合がつかない場合、治療期間も長くかかってきます。

因みに私の場合もブリッジをするなら、1ヶ月以上はかかると言われています。
やはり日常仕事をしていれば、予約の空いている日に都合が悪いと言う事もでてきます。
私の場合も次回はまず歯のおそうじです。

それからどうするか、また相談しつつ人にも聞いたり調べたりして決めようと思います。

悩み

本日歯医者で、歯を抜いてきました。

抜いた歯は、右上の一番奥の歯です。

抜いた理由は、虫歯です。

この虫歯になっている歯は、
虫歯の位置が歯の奥側の治療しずらい箇所で、
穴も大きく空いていました。
何故穴が空いているかということと、
抜いた経緯ですが、

半年以上前に、今回抜いた歯のとなりに、
その歯を前に押すような形で、
斜めに生えていた親知らずがありました。

その親知らずは、しばらくの期間
放置していたのですが、
放置していた時の歯科医のアドバイスとしては、
これ以上前の歯を押す様な事は無いから、
歯磨きさえ気をつけていれば、抜かなくても良い。
との事だったので、そのままにしてました。

しかしそれ以降、個人的な事情、
歯医者に通える時間が、
無くなるかも知れないという理由から、

今のうちに、虫歯になるリスクを無くしてしまおうと、
親知らずを抜いたのでした。

しかしその親知らずは、前の歯を押すように、
生えていたため、抜く際には、
今回虫歯になった歯をだいぶ削る必要があったようです。

親知らずを抜き、スッキリ、
しかし、隣の歯を削られた形となりました。

その削られた部分が大きな穴で、
その場所から虫歯になってしまった様です。

結局は、親知らずを抜いても、
虫歯になってしまったのでした。
穴がポッカリ空いてて、
歯磨きも結局しずらい様な形でもありました。

治療せず何故抜いたか

今回抜いた歯が痛み出してから、
歯医者で診てもらうと、虫歯になってるのは確実、
レントゲンを見ると、その歯の根っこも、
骨にガッチリ刺さってはいないとの事。

治療をしても、その虫歯になってる位置的に、
歯の根の方まで達していた場合は、

結局治療途中で、
抜歯する必要が出てくるかも知れない。
そんな説明を受けました。
その時は、自分の歯をなるべく、
残したい意識があったので、
すぐには決めませんでした。

そして抜歯したら、下の歯と噛み合う歯が無くなること、
抜きっ放しで良いのか、そういう不安もありました。

その点については、抜歯した歯の下の歯が、
上に出てくるなど、まわりの歯に影響が出てくる事はある。

だから、抜いた歯の隣の2本を使用した、
ブリッジを薦められました。

ブリッジについてよく知らなかったので、
入歯みたいなモノは、
入れたくないなとも思ってました。

抜歯後の処理に正解はない。

今日抜いてもらった歯科医は、
最初診てもらった歯科医とは少し違う事を言いました。

抜いた方が良いという結論は一緒。
その事を断定的にハッキリ言うか、
自分で選ばせる言い方の違いだけでした。

削ってしまっている穴の具合と、虫歯の進行具合で。
治療後も、歯磨きがしずらくなる様な形になるから、
治療しても更なる虫歯のリスクが大きい。
根元の治療になった場合、
感染なども気をつけるポイントがある様でした。

結論として、抜いた事は良かったと思います。
抜いた後は、その後の処理について悩むところですが、
最初に診てもらった医師と、抜いてもらった医師については、
言ってる事が違いました。

最初診てもらった歯科医は、
抜きっぱなしのそのままでは、
時が経過した時に、影響が出ている事があるから、
ブリッジを薦めました。
ちょうど同じ日の患者さんが、過去に抜歯をして放置した結果で、
他の歯に影響が出ており、その治療をする事になったそうです。

今日歯を抜いた歯科医は、
その歯が無いと考える事も出来る。
そ噛む事にその歯を使わないという発想。
ブリッジのために、健康な歯を削る事自体が、
その歯にとって良くない事にはなる、という意見でした。

ブリッジをしたために削った歯が虫歯になるなど。
確かに健康な歯をだいぶ削るのは私も出来ればしたくないと思います。

なので、すぐにはブリッジを決めなくても良い、との事でした。

なので、こうしたらこうしなければならないという正解は無いとの事でした。

歯を抜いた事はそれで良かったと思います。
次に悩むのはその後の処理についてです。

みんなはどうしてる?

インターネットでも同じ様な状況の方は多いようで、
私も今後の方針を決めるために、
調べてみる事にしました。

まず、実際に抜いた人がどうしているかについて、
そのままの人は多いです。
そして、その結果すぐに影響が出ている人はいない印象を受けました。

インターネット上の歯科医のアドバイスとしては、
抜いたままでは、下の歯が延びてくる可能性もあり、
ブリッジなどの治療を勧める歯科医と

ブリッジについて、特に延長ブリッジの場合は、薦めないという歯科医は、
多かった様に感じます。

抜歯後にどう治療するかについては、
その人に治療条件が合うかによっても、
出来る事が変わってくるようです。

抜歯後の治療方法

抜歯した歯を補う方法、治療する場合には、
インプラント、ブリッジ、入歯があるようです。

私はブリッジを薦められましたが、
他にも方法はあるとも言っていましたので、
入歯やインプラントでしょうか?

この時点ではそれが何かは聞いていませんが、
ブリッジを薦められています。

また、ブリッジもそうですが、
インプラントの経験者の話で、
その人の口内環境によっては出来ない場合や、
インプラントが結局出来なかたという場合もあるようです。

特にインプラントについては、
上の骨に対しての場合と、
下の骨に対するインプラントで違いがあり、

治療を決める際には、
十分に理解出来るまで歯科に聞いたり、
セカンドオピニオンを利用しても良いかも知れません。

私は抜歯後については、今のところしばらく放置するつもりです。
ブリッジ治療をするには、1ヶ月以上かかると言うことと、
何より今健康な歯を大部分削ることに抵抗があります。

抜歯したそのままでしばらく過ごしてみて、
異常や不具合を感じたら、また相談してみようと思っています。

その間にも、定期的な歯のクリーニングを、
今まで以上に気をつけて、これ以上歯についての悩みを、
増やしたくないなと思っています。

 

 

悩み