外反母趾は、足に負担のかかる靴を履き、
結果的に外反母趾になってしまうだけでなく、

先の細いヒールなどを履いていなくても、
歩き方が原因で外反母趾になってしまう事が
あるようです。

外反母趾と言うと、大人の女性だけが、
足に負担をかける靴を履き続けた結果に、
なるというイメージがありますし、

実際に外反母趾に悩む女性が、
外反母趾にはどんな靴が良いか、
選び方に悩んでいるようです。

しかし、外反母趾の原因が、
ヒールなどの靴だけでは無い証拠に、
近年では、小中学生の外反母趾の子供が、
増えている様です。

その最大の原因は、足の筋肉の未発達によるもの。
足指を使って踏ん張らないで、指のつけ根で歩く形で、
足の底の足裏の筋肉が発達せず、
親指が曲がってしまう事になります。

外反母趾にならないようにするには、
バランスの良い正しい歩き方で歩く事は必要。

しかし、外反母趾で痛い思いをしている状態を、
少しでも快適に過ごすには、やはり、
これ以上外反母趾を悪化させない靴選びをしたいですね。
では、そんな靴を選ぶポイントはなんでしょう?

靴選ぴのポイント

まず、良くない靴について。
ゆるい靴。ヒール、パンプスなどの脱げやすい靴
これらは、は外反母趾の原因になります。

この様な靴を履くと、脱げないようにと、
無意識に足の指を上へ動かしたり、
逆に趾を縮める様に歩いてしまいます。

この様に、指が浮いた状態になると、指の力は地面に伝わりません。
、それが親指のつけ根への衝撃が大きくする事になり、
親指のつけ根の骨が出っ張ってくる外反母趾の原因になります。

 

靴に合わせ、歩き方を変える。
皆さんにもそんな経験はありませんか!?
気に入った靴があっても、いざ試着すると、
ヒールやパンプスには脱げてしまいやすい靴は多いです。

買ってはみても、歩きにくかったり、
脱げてしまいそうだと、その状態での
バランスをとって歩いているのですね。

ゆるい、脱げやすい靴の他に、
先の細いヒールやパンプスは、
足を更に痛めつける事になります。

先が細いと左右から足の指、親指と小指を圧迫し、
やはり踏ん張る足指の力を弱め制限する事になります。
それが筋肉が弱め、外反母趾を悪化させてゆきます。

良い靴を選ぶポイント

試着の時は、10分程履いてみて、
なるべく足になじんだ、
状態での様子をみること。

ただしこれはお店での試着時には、
現実的ではありません。

その様な場合でも、
よく歩いてみる事は出来ますね。

足横のアーチの力の入り方の、
バランスが崩れない様、
靴の中で横幅が広がらない様な
補強があるもの。

クッション性が高い靴底や、
足にかかる力のバランスを補助してくれる、
免震インソール使用
通気性が良い事、
歩行や運動の能力を、
高めてくれる様な作りをされているもの。

デザイン性だけでなく、
機能性重視されている靴を選ぶ事が、
ポイントになるようです。

調べてみると、そんな機能的な部分に力を入れ、
更にシンプルで形もスマートな靴を見つけました。

ワコールのコール サクセスウォークというシリーズの靴です。
このデザインの他にも、種類はあり、
その靴の機能にはこだわりもあるので、
一度店舗でも、試着してみるのも良いかもしれませんね。

サクセスウォークのサイト