鼻うがいをしてみようと、
水道水でやってみた。

ツーン、鼻が痛いじゃないか!

鼻うがいを、水道水で行なうと、
痛い思いをしますよね。

img_230プールなどでも、
ツーンとする鼻の痛さを
経験された方も
多いのではないでしょうか?

鼻うがいをする際に、
この痛みを感じる事は、
良くありません。

水道水には、微量な細菌があり、
これは飲む事においては、
胃で処理され、死滅されるのですが、
鼻の粘膜で吸収された場合は、
死滅しないのだとか。

鼻うがいをする際は、
専用の洗浄液か、
生理食塩水を使用する事で、

ツーンとした痛さを感じずに、
安全に鼻うがいをする事が出来ます。

生理食塩以外の液体で行なうと、
鼻の粘膜や細胞に
ダメージを与える可能性があります。

鼻うがい用の食塩水

鼻うがいには、
0.9%濃度の食塩水を使用します。

この食塩水は生理食塩水と言います。

1Lの水に、9gの食塩を混ぜると、
0.9%濃度の生理食塩水になります。

生理食塩水の作り方

1)まず、水を10分程度沸騰させ、殺菌します。
水は時間がたったら充分に冷ましておきます。

2)食塩水を入れる容器も、
沸騰させた水で、
殺菌すると衛生的です。

3)沸騰させた後は、
じゅうぶんに冷まします。
4)その水に塩を入れ、
溶け残しの無いようにかき混ぜます。

ペットボトルでの作り方

この作り方は、鼻うがい用の食塩水を、
ペットボトルを使って作る方法になります。

2リットルのペットボトル1本分程の
温度は25~30度のぬるま湯に、

18グラム、約大さじ1程度の食塩を入れると、
0.9%の食塩水になります。

作るのが面倒 市販されてる?

0.9%濃度の
生理食塩水を作る方法を
ご紹介しましたが、

色々用意するのも面倒、
計るのも面倒、

衛生面が気になる。
正しく作れるか不安など。

出来たら手軽に済ませたい。
買えないの?

そんな方もいらっしゃると
思います。

生理食塩水は、
薬局で購入する事も出来ます。

その生理食塩水は、
注射用として、
販売されている事が多く、

その場合は、処方箋が必要になります。

コンタクト用保存液としての、
生理食塩水も売られていますが、

こちらは普通に購入出来ます。

鼻うがい専用の、
生理食塩水としての
販売は聞いた事はないのですが、

もしあなたが、
鼻うがい専用としての、
商品を希望しているとしたら、

薬局には、鼻うがい専用の、
洗浄液が置いてあります。

薬局に行かなくても、
ネットで購入可能な、
商品を探してみましたので、

ご紹介しますね。

洗浄器具がセットになった、
キットも販売していました。

鼻うがいを簡単に安全に
したい方に向いています。